ミャンマー ニュース。 ミャンマー国軍、スー・チー氏拘束 クーデターか 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

ミャンマーの古都マンダレーで軍が銃撃 14歳の少年が死亡 複数の市民が死傷 現地から映像や写真(堀潤)

ニュース ミャンマー ニュース ミャンマー

1988年のクーデタの際、はミャンマー向け援助をわずかながらも続けた。 ロヒンギャに関する人権問題の立場からの調査は数多くあるが、歴史や人類学・社会学などの実証的研究はほとんど存在しない。

ミャンマーの古都マンダレーで軍が銃撃 14歳の少年が死亡 複数の市民が死傷 現地から映像や写真(堀潤)

ニュース ミャンマー ニュース ミャンマー

問1 ロヒンギャとはどういう民族か? ロヒンギャの人々は独立国家を求めているわけではなく、自分たちの民族名称を認めてもらったうえで、ミャンマー連邦の国籍が与えられるよう求めている。 ところが、昨年11月の選挙では、軍が支援する連邦団結発展党(USDP)は上院で11議席、下院で30議席と圧倒的な少数派に転落した。 医療従事者らが患者を搬送しようとする際にスナイパーによって反撃され、1人が撃たれたという情報もあり確認を急いでいる。

2

ミャンマーの古都マンダレーで軍が銃撃 14歳の少年が死亡 複数の市民が死傷 現地から映像や写真(堀潤)

ニュース ミャンマー ニュース ミャンマー

日本でもそれなりに報道されているが、「ロヒンギャ問題はよくわからない」という方々はまだたくさんいるのではないだろうか。 その後、10年にわたって軍のトップを務め、軍内部で絶大な影響力を持っていると指摘されています。

13

ミャンマー国軍を非難せず安定化訴え 軍政時代から関係緊密―中国:時事ドットコム

ニュース ミャンマー ニュース ミャンマー

軍事政権から民政への移管によって2011年にテイン・セイン政権が発足するとアメリカ政府はミャンマーとの関係を改善する動きを加速させます。 事実上の軍事政権の復活は、こうした少数民族弾圧を構造化させるきっかけにもなりかねない。 つまり、相手次第ではうやむやになるのであり、「クーデタ」の認定そのものが政治的ともいえる。

ミャンマー国軍を非難せず安定化訴え 軍政時代から関係緊密―中国:時事ドットコム

ニュース ミャンマー ニュース ミャンマー

現地メディアや現地住民からの情報によると、2人が死亡、17人が重傷、35人が軽傷だという。 マンダレー市民のFacebookより (23:00追記) 映像に記録されていた、頭部を撃たれ無くなった男性は、14歳の少年。

20

スー・チー拘束でも国際社会がミャンマー政変を「クーデタ」と認めたくない理由(六辻彰二)

ニュース ミャンマー ニュース ミャンマー

中国の国際問題のシンクタンク「チャハル学会」の王沖高級研究員はNHKのインタビューに対し、ミャンマーは中国の巨大経済圏構想「一帯一路」において特別に重要だと指摘し、その理由について「ミャンマーを通じてインド洋に出ることができる。 民主化の逆流 2月1日早朝、ミャンマーの事実上の最高責任者アウン・サン・スー・チーら政府要人が軍によって拘束された。

2

ミャンマー国軍を非難せず安定化訴え 軍政時代から関係緊密―中国:時事ドットコム

ニュース ミャンマー ニュース ミャンマー

NLDの報道官は、「われわれは、大統領(ウィン・ミン氏、)と国家顧問(スー・チー氏)が(首都)ネピドーで拘束されたと聞いている(中略)国軍に連行されたという話だ」と述べ、「現状を見る限り、国軍がクーデターを起こしたと思わざるを得ない」と続けている。 ミャンマーと中国との関係は 中国は、ミャンマーの軍事政権が長く続いた時代に欧米諸国が経済制裁を科す中でも経済支援を継続したほか、近年はイスラム教徒のロヒンギャの人たちへのミャンマー政府の対応が国際的に批判される中でもミャンマー寄りの立場をとり、両国の接近が鮮明になっていました。 1950年代後半から60年代初頭までロヒンギャ語によるラジオ放送(短波)を公認していたほどである。

20

「ミャンマー」のニュース一覧: 日本経済新聞

ニュース ミャンマー ニュース ミャンマー

ただし、その後も軍人が議会の4分の1を占めるなど、軍が大きな政治的発言力を握ってきた。 国軍は1月31日、「総選挙で1050万件を超す不正があった可能性がある」と批判する声明を発表。 nui-aspect-container--16-9 picture,. 5s linear infinite;-moz-animation:spin 1. nui-icon--icon-paperviewer-first,. 各国の利害関係の影で弱い者ほど泣きを見る構図は、ここでもみられるのである。