逆鱗 に 触れる。 第10回: “逆鱗”にふれるな 韓非子のシビアな人間観

嬰逆鱗 現代語訳・書き下し文

に 触れる 逆鱗 に 触れる 逆鱗

この場合は「天子=目上の人」と考えても差し支えないでしょう。 そなたのような配下をもって嬉しいぞ」 とか言ってくれたりすることもありますが、 現実にはそんな器の大きい人は なかなかいないでしょうから、 言うにしても、言葉には気をつけたほうが いいでしょう。

19

逆鱗に触れるの意味や語源由来、逆鱗とは何のウロコのこと?

に 触れる 逆鱗 に 触れる 逆鱗

あの子のいたずらが 先生の逆鱗に触れることになった。 大意 竜という生きものは、穏やかな時には、馴染めば(背中に)またがる事もできるものだ。 「に障る」行為をする事としばしば混同される。

17

ことわざ/逆鱗に触れる(げきりんにふれる)とは?

に 触れる 逆鱗 に 触れる 逆鱗

「逆鱗に触れる」という言葉は古代中国の思想書である 「韓非子(かんびし)」に記されている一節が語源由来となっています。 というより、だいたいはそういった使われ方をすると思います。 「逆鱗に触れる」とは単純に怒らせることだと思われがちですが、 ポイントはあくまで目上の人を怒らせることに対して「逆鱗に触れる」という言葉を使うところですね。

10

逆鱗に触れる

に 触れる 逆鱗 に 触れる 逆鱗

【注釈】 「逆鱗」とは竜のあごの下に逆さに生えているうろこのことで、そこに触れると竜が怒って触った人を殺してしまうという伝説から。 特に慶長2年の南原城の戦い、蔚山城の戦いでは救援軍の一端を担い、浅野幸長を助け出すという武功を挙げた。

1

ことわざ「逆鱗に触れる」の意味と使い方:例文付き

に 触れる 逆鱗 に 触れる 逆鱗

(臣下の)発言者は、(具申の際に)自ら君主の逆鱗に触れるようなことがなければ、(上手くいく結果が)近いものである。 穏やかな性格の竜も、逆鱗に触れられると怒り狂ったという伝説があります。

嬰逆鱗(逆鱗にふる) 現代語訳・書き下し文・読み方

に 触れる 逆鱗 に 触れる 逆鱗

「『根拠の正当性』と『手段の正当性』」というのは 大義名分という言葉について考えるうえでも、 それ以外の場面についても、大切なことだと感じました。 ぜったいだぞ」 という具合ですね。 その鱗こそが、「逆鱗」です。