法隆寺 仏像。 【奈良】法隆寺観光でじっくり見るべき6つの国宝建築:五重塔・夢殿ほか

【奈良】法隆寺観光でじっくり見るべき6つの国宝建築:五重塔・夢殿ほか

仏像 法隆寺 仏像 法隆寺

像高は阿形(あぎょう)379. 弥勒仏以外は後補で、国宝指定対象外である。 鎌倉時代。 うち、持国天像の剣は北斗七星の線刻文様があることから「七星剣」と通称される。

5

【奈良】法隆寺観光でじっくり見るべき6つの国宝建築:五重塔・夢殿ほか

仏像 法隆寺 仏像 法隆寺

両手は膝に置き、持物(じもつ)の如意を執る。 飛鳥寺の縁起をモデルにしたのは、同寺がもともと蘇我氏の私寺として出発したものでありながら、官寺に準ずる扱いを受けていたので、これに倣おうとしたためである。 この説については、「救世間苦」は「世間の苦を救う」という意味であり、「救」は「苦」には掛かっても「世」には掛からないという反論がある。

12

法隆寺に代表される飛鳥文化の特徴や代表的仏像について(伽藍配置も解説)【日本史B 第8回】

仏像 法隆寺 仏像 法隆寺

金堂「東の間」本尊。 持国天と増長天が右手に持つ剣は明治時代の後補である。

7

仏像

仏像 法隆寺 仏像 法隆寺

夢殿で必見なのは御本尊である救世(ぐぜ)観音菩薩像です。 これを憂いた王后王子等と諸臣とは、太子の等身大の釈迦像を造ることを発願。

13

仏像

仏像 法隆寺 仏像 法隆寺

これらの絵画は現状では剥落が激しく、肉眼では図様を確認することはほとんど不可能であるが、山岳、樹木、飛天、四天王などが描かれ、全体としては須弥山世界を表すものと考えられている。 西円堂本尊薬師如来像の台座を囲んで外向きに立つ像。 以下に『資財帳』の該当箇所を引用する。

14

仏像

仏像 法隆寺 仏像 法隆寺

現在、本像を安置する八角形の厨子は1940年(昭和15年)に製作されたもので、それ以前の厨子は元禄9年(1696年)製作のものであった。 このほか、釈迦三尊像の左右に毘沙門天及び吉祥天像が立ち、須弥壇四隅に四天王像が立つ。

2