多摩川 に さらす 手作り さらさら に 何 そこ の 児 の ここだ かなしき。 明治・大正期の大実業家、渋沢栄一翁は、…

多摩川にさらす手作りさらさらに何そこの児のここだ悲しき/東歌の労働歌

何 児 そこ 多摩川 ここだ さらさら に の 手作り に の かなしき さらす 何 児 そこ 多摩川 ここだ さらさら に の 手作り に の かなしき さらす

そして郵便局さんです。 ここでその万葉の歌を披露しましょう。

12

明治・大正期の大実業家、渋沢栄一翁は、…

何 児 そこ 多摩川 ここだ さらさら に の 手作り に の かなしき さらす 何 児 そこ 多摩川 ここだ さらさら に の 手作り に の かなしき さらす

この右手が「二子玉川」、いわゆるニコタマと呼ばれる世田谷区玉川となります。 じつはこの先のところで、カメラの電池がなくなってしまいました。

12

多摩川にさらす手作りさらさらに何そこの児のここだ悲しき/東歌の労働歌

何 児 そこ 多摩川 ここだ さらさら に の 手作り に の かなしき さらす 何 児 そこ 多摩川 ここだ さらさら に の 手作り に の かなしき さらす

川の水にさらすことで白く仕上げました。

感動が押し寄せる!『万葉集』に残る「よみ人知らず」名無しさんの名歌|短歌|趣味時間

何 児 そこ 多摩川 ここだ さらさら に の 手作り に の かなしき さらす 何 児 そこ 多摩川 ここだ さらさら に の 手作り に の かなしき さらす

どこにでもあるような、町内にある小さな公園ですね。

多摩川にさらす手作りさらさらに何そこの児のここだ悲しき/東歌の労働歌

何 児 そこ 多摩川 ここだ さらさら に の 手作り に の かなしき さらす 何 児 そこ 多摩川 ここだ さらさら に の 手作り に の かなしき さらす

物思いもしないで。 川に布をさらすといったような風俗は今では見られないものですが、歌意がストレートで伝わりやすいこと、リズム感のよさがこの歌に千年を超えて親しまれる命をふきこんだといえます。

11

感動が押し寄せる!『万葉集』に残る「よみ人知らず」名無しさんの名歌|短歌|趣味時間

何 児 そこ 多摩川 ここだ さらさら に の 手作り に の かなしき さらす 何 児 そこ 多摩川 ここだ さらさら に の 手作り に の かなしき さらす

多摩川にさらす手作りさらさらに 何そこの児のここだかなしき 訳:多摩川で晒す手織りの布のように どうしてますますこの子が愛しくおもえるのだろうか。 で、この案内になにやら絵がありますよ。

20